一般財団法人の公益認定について

公益認定とは

一般財団法人のうち、公益目的事業を行うことを主たる目的とする法人については、国又は都道府県知事に申請して、公益財団法人の認定を受けることができます。

公益法人になるためには、まず一般財団法人を設立し、その後、公益認定を受けて初めて『公益財団法人』となることができるのです。

<認定基準(抜粋)>

  • 公益目的事業を行うことを主たる目的とすること
  • 公益目的事業を行うのに必要な経理的基礎及び技術的能力を有すること
  • 事業を行うに当たり、法人の関係者に対して特別の利益を与えないこと
  • 株式会社その他の営利事業者又は特定の個人等に対し、寄附その他の特別の利益を与えないこと
  • 公益目的事業比率が50%以上となると見込まれること
  • 公益目的事業以外の事業を行う場合には、公益目的事業の実施に支障を及ぼすおそれがないものであること

公益財団法人になると、公益認定を受けていない財団法人とは明確に区別されるので、信頼性が増し、公益活動や広報活動がしやすくなりますし、寄附等の社会的支援を受けやすくなります。

また、公益目的事業から得られる収益は、非課税とされる等、一般財団法人以上の税制上の優遇措置を受けることができる等のメリットがあります。

しかし、公益性の確保と事業の適正な運営を維持する観点から、行政庁の指導監督下に置かれ事業活動等が大幅に制限される等のデメリットもあります。

法人設立のお申し込みはこちら

法人設立のお申し込みはこちら

インターネットからのお申し込み

こちらのお問い合わせは「サービスのお申し込み」および「サービス内容についてのご質問」のみに限らせて頂きます。
一般社団法人や非営利法人制度等に関する一般的なご質問、ご相談にはお答えできかねますので、予めご了承ください。

ご購入者様450名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方450名以上(2019年2月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス)

行政書士法人MOYORIC(モヨリック)では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。東京事務所にて無料面談相談も実施しております(要事前予約)。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。03-6328-1989

お問い合わせはこちらから