代表理事の選定方法

一般社団法人の代表理事は、どのように選ばれるのでしょうか?

まず、代表理事は必ず理事の中から選ばれます。代表理事は、理事であり且つ代表理事でもあるということになります。

ではどのようにして代表理事を選ぶのかというと、一般社団法人を設立する前と、設立した後ではその選定方法が異なります。

関連:理事の選定方法

代表理事の選定方法:一般社団法人設立前

一般社団法人を設立する設立者を「設立時社員」といいます。

設立時社員は、設立する一般社団法人の原始定款を作成するのですが、この原始定款において設立時の代表理事を定めておくことができます。

まだ一般社団法人設立前ですので、あくまでも「設立時」の代表理事です。

もし原始定款で設立時の代表理事を定めない場合は、定款認証後に社員が集まって設立時の代表理事を選ぶことになるのですが、二度手間になるので、原始定款に定めておくのが一般的です。

ただし、理事会を置く一般社団法人では、設立時の代表理事は設立時の理事全員の決議で選定することになります。

  • 理事会を置かない一般社団法人:設立時代表理事は設立時社員が定款で選定する
  • 理事会を置く一般社団法人:設立時代表理事は設立時理事の決議で選定する

代表理事の選定方法:一般社団法人設立後

一般社団法人設立後は、代表理事がどのように選ばれるのかは、法人の機関構成と定款に定めるところによります。

理事会を置かない一般社団法人

理事会を置かない一般社団法人では、定款でどのように代表理事を選定するのかを定めておくのが一般的です。

  1. 社員総会の決議で代表理事を選定する方法
  2. 理事の互選によって代表理事を選定する方法
  3. 定款で直接代表理事を選定する方法

理事会を置かない一般社団法人の理事は、原則理事全員が代表理事となりますが、理事の中から特定の人を代表理事としたときは、その人のみが代表理事となります。

従って、もし定款に代表理事を選定することが定められていない場合は、理事全員が代表理事となります。

理事会を置く一般社団法人

理事会を置いている一般社団法人では、代表理事は理事会の決議によって選定します。

定款において代表理事を社員総会で選定すると定めることも可能ですが、理事会を置いている法人ですから、わざわざ社員総会を開催して代表理事を選ぶことはほとんどありません。

参考:理事の重任手続きについて

法人設立のお申し込みはこちら

法人設立のお申し込みはこちら

インターネットからのお申し込み

こちらのお問い合わせは「サービスのお申し込み」および「サービス内容についてのご質問」のみに限らせて頂きます。
一般社団法人や非営利法人制度等に関する一般的なご質問、ご相談にはお答えできかねますので、予めご了承ください。

ご購入者様450名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方450名以上(2019年2月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス)

行政書士法人MOYORIC(モヨリック)では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。東京事務所にて無料面談相談も実施しております(要事前予約)。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。03-6328-1989

お問い合わせはこちらから