一般社団法人と会費収入について

一般社団法人の中には、会員から入会金や会費を主な収入源として活動している法人もあります。

会員制度を導入している一般社団法人では、会員に共通する利益を図るための事業「共益的活動」を行っています。

例えば、医学系や医療系の学会、資格認定の協会、同窓会など、会員となった者に限定した活動を行います。

このような会員制度を導入している一般社団法人でも「非営利型法人」に該当するのであれば、税制上のメリットを受けることができます。

「非営利型法人」とは、法人税法の一つの区分であり、要件を満たすことにより、「収益事業から生じた所得のみが課税対象」となる法人形態を言います。

(参考:非営利型一般社団法人とは?

入会金や会費は収益事業の収入ではないので、収益事業に該当しません。つまり、非営利型法人であれば、入会金や会費収入には課税されないということになります。

税制上の優遇がある「非営利型法人」に対して、すべての収益に対して課税される法人は「非営利型法人以外の法人(普通型法人)」と呼ばれています。非営利型法人以外の法人は、すべての収益に対して課税されますので、入会金や会費も課税対象となります。

  • 非営利型法人以外の一般社団法人→法人が行う全ての事業が課税対象・会費も課税対象
  • 非営利型法人の一般社団法人→収益事業から生じた所得のみが課税対象・会費は課税対象外

ただし、会費であっても通常の会費とは異なり、事業の対価として徴収するような場合は、その事業が収益事業に該当するのであれば、課税対象となります。

また、会員向けに研修会や講習会を実施することもあると思いますが、これらが収益事業になるかどうかは、「技芸の教授」に該当するかで判断されます。

法人税法上の「技芸の教授」に該当する「技芸」は、下記22種類です。

洋裁、和裁、着物着付け、編物、手芸、料理、理容、美容、茶道、生花、演劇、演芸、舞踊、舞踏、音楽、絵画、書道、写真、工芸、デザイン、自動車操縦、小型船舶操縦

これら技芸の研修会や講習会であれば、収益事業に該当します。

具体的には、茶道教室、書道教室、生花教室を開催する場合は、収益事業に該当します。料理教室や着物着付け教室も同様です。

逆に上記に列挙されていない事業であれば、収益事業には該当しません。よくあるのがパソコン教室の開催です。パソコン教室は技芸には該当しないため、収益事業には該当しません。

会費収入で運営している任意団体を一般社団法人化したいのであれば、会費収入に対しては非課税となる「非営利型法人」の要件を満たして設立する必要があります。

(関連:一般社団法人の寄付金収入について

法人設立のお申し込みはこちら

法人設立のお申し込みはこちら

インターネットからのお申し込みはこちら

こちらのお問い合わせは「サービスのお申し込み」および「サービス内容についてのご質問」のみに限らせて頂きます。
一般社団法人や非営利法人制度等に関する一般的なご質問、ご相談にはお答えできかねますので、予めご了承ください。

ご購入者様450名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方450名以上(2019年2月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス)

行政書士法人MOYORICでは、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。

Facebookページも更新中。いいねを押して最新情報をチェック!

お問い合わせはこちらから