一般社団法人やNPO法人は利益をあげてもいいのか?

非営利ってどういう意味?ボランティアという意味ではありません。

一般社団法人やNPO法人は、「非営利」という部分がクローズアップされているせいなのか、収益事業を行ってはならない、利益を上げてはいけない、と思われています。

ですが、そうではありません。この考え方は根本的に間違っています。法律上にも収益事業を行ってはならなり、利益を上げてはならないとは一言も書かれていません。

参考:一般社団法人は給料を受け取ってもいいの?

株式会社でも一般社団法人でもNPO法人でも、長期的に事業運営を続けていくには、利益が必要です。これは当たり前のことですよね。

非営利の本来的な意味は、「事業から得た利益を、一般社団法人やNPO法人の社員に分配ををしてはいけない」となります。

株式会社では、決算後に余剰利益が発生した場合、株主に配当することが可能です。

「1株につき100円の配当金」などと聞いたことがあるかと思います。

このように配当という形で株主(構成員)に利益を分配することができるのが「営利法人」です。

対して、一般社団法人やNPO法人などの「非営利法人」は、たとえ余剰利益が出たとしても、法人の構成員(社員・会員)に利益を分配することはできません。

いくら利益が積み上がっても、一銭たりとも配当という形では社員に分配はできません。

では、利益を何に使えばいいのか?

利益が出て余ったお金は、すべて法人の活動資金にあてられます。

先日、大変興味のある記事を目にしました。

「全NPOが泣いた!」国会質疑2018:山本香苗 vs 世耕弘成

この記事の中で、現役の認定NPO法人代表理事の方がこうおっしゃっています。

「未だにNPOは非営利なんだから、利益とか出しちゃダメなんでしょ、なんで無料じゃないの、とか言われます」

そうなんです。

やはり、非営利というイメージだけが先行して、「NPOはボランティア団体なんだから無償でサービスを提供しろよ」なんて思われているんですね。。

現役の方がそうおっしゃっているのを聞くと、やはりNPOを始めとする一般社団法人などの非営利法人は、まだまだ正確にはその性質を理解されていないんだなと実感しました。

記事中には、国から出される「ものづくり補助金」が企業限定で非営利法人が対象外なのはなぜか、という国会の質疑応答の中で、山本議員と世耕議員が「NPO法人は利益を上げていい」と名言していることについて、この2人はNPO法人を正しく理解している、とありました。

山本議員は相当NPO法人を理解している方で、

「NPO法人で上がった収益は全て事業に使わなければならない、つまり社会還元力が高いこと、補助金を企業に限定せず、NPO法人も対象にしてもらいたい」

ということを具体例を上げて発言していらっしゃいます。

もしかすると、お役人さんでも、「非営利法人は利益を出してはいけない」と思っている方がまだまだ多いのかもしれませんね。

さて、もちろん、非営利法人でも利益を上げていいのですが、一点、気をつけなければならないことがあります。

利益相反取引には注意が必要。

それは「利益相反取引」です。

利益相反取引とは、取引行為により一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為です。

典型的な例は、法人と当該法人の理事の間の取引です。

例えば、理事個人が所有している自動車を、当該法人へ売却する場合が該当します。理事という立場を利用して不当に高額な値段で自動車を当該法人に売却することも考えられるからです。

法人と、理事個人あるいは理事個人が経営する株式会社などの法人間で取引をする場合には、注意が必要です。

NPO法人を代表する理事が利益相反取引を行う場合、所轄庁に特別代理人を選任してもらわなければなりません。

もし代表理事以外に副理事として代表権を有する理事がいるのであれば、その理事が法人を代表して契約を締結することができます。

特別代理人を選任するのは面倒だという場合は、予め、代表理事の他に代表権のある理事を選任しておく方法なども考えられますが、基本的には、そもそも利益相反取引に該当するような契約をしないというのも特別代理人の選任を避けるための、一つの方法です。

一般社団法人における利益相反取引について

なお、一般社団法人の場合は、法人にとって不利益となる恐れがある取引を行う理事は、予め社員総会または理事会の承認を得なければなりません。

  • 理事会非設置法人は、社員総会の承認
  • 理事会設置法人は、理事会の承認

社員総会の決議では、承認を行うのは理事ではなく社員(構成員)ですので、当事者である理事の立場は関係ありませんが、取締役会の決議によって承認を行う場合、当事者である理事は承認決議に加わることができません。

利害関係人を除いた理事の過半数の決議によって承認が行われます。

承認後には決議を行ったことの証拠として、議事録を作成しておきます。

通常の社員総会議事録や理事会議事録と記載方法は異なりませんが、利益相反取引関する内容を説明し、その承認がなされたことを詳細に記載しておきます。

理事会議事録では、利害関係人である理事は決議に参加しなかったことも明確に記載しておきます。

尚、利益相反取引は法人の利益保護が目的ですので、利益を害するおそれのない取引であれば利益相反取引にはあたりませんので、承認は不要です。

行政書士法人MOYORIC(モヨリック)では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。東京事務所にて無料面談相談も実施しております(ご予約が必要です)。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。03-6328-1989

法人設立のお申し込みはこちら

ご購入者様600名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけで完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

今なら、一般社団法人基金設置キット、非営利型&公益社団法人キットもプレゼント中(一般社団法人設立キットのみの特典です)。

これまで一般の方600名以上(2019年11月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス)

お問い合わせはこちらから