ソーシャルビジネスにおける一般社団法人の活用事例

ソーシャルビジネスとは?

ソーシャルビジネスとは、「社会問題を解決することを目的とした事業」を行うビジネスモデルのことです。

現代社会において、高齢化問題、環境問題、子育てや教育問題など様々な社会的課題があります。

これらの社会問題は、これまで政府や地方自治体などの行政機関が主体として取り組みを行ってきており、ビジネスとしては捉えられていませんでした。

一方、ソーシャルビジネスでは、民間人が主体となってこれらの社会問題をビジネス手法を通じて、解決していくことを目的(ミッション)として、活動を行います。

ソーシャル・ビジネスは、「社会問題の解決=社会貢献」を目的(ミッション)とし、同時に利益を上げ、経済の活性化をも生み出します。

ソーシャルビジネスというビジネスモデルですが、その事業形態は株式会社、一般社団法人、NPO法人、任意団体など多様です。

特に行政から許可を得て事業を行うわけではありませんので、利益を目的とする株式会社や合同会社で事業を行うこともできますし、非営利法人である一般社団法人、NPO法人でも事業が行えます。

ビジネスとして成立させるために利益は生み出しますが、ソーシャルビジネスの一番の目的は社会貢献を目的(ミッション)とすることです。

ソーシャル・ビジネスは、社会性を持ったビジネスであることが第一に求められています。

ソーシャル・ビジネスの具体的な事業内容とは

具体的な事業内容は、高齢者支援、子育て支援、障害者支援などへの取り組みや貧困問題、環境問題への取り組みが多いようです。

地方自治体によってはソーシャルビジネスを行う企業や団体に対して助成をしているところや、セミナー・相談会などを行い起業家を支援しているところもあります。

ソーシャルビジネスに多く活用されている法人格とは

ソーシャルビジネスを行うための法人格として多くの起業家はNPO法人を選択していますが、近年では同じ非営利法人である一般社団法人を選ぶケースも多くなっています。

NPO法人を設立するには最低10名以上必要(役員には親族制限あり)ですので、まず、それだけの人数を集めることが大変です。この10名には積極的に法人の運営にも携わってもらう必要がありますから、その全員とミッションを共有しておくことも重要になってきます。

また、設立するには所轄庁の認証を得なければならず、設立後も毎年事業報告書等を出さなければならない、事業目的を変更するには認証を得なければならないなど、何かと機敏に活動するのが難しいという側面があります。

《参考》一般社団法人とNPO法人との違い

その点一般社団法人では、最低2名以上で設立が可能であり、所轄庁の監督もなく、活動内容にも制限はありません。

特に、一般社団法人でも「非営利型」で設立すれば、法人税法上「公益法人等」として取り扱われますので、NPO法人と同じく税制面で優遇措置を受けることができます(収益事業から得た収入のみが課税対象となります)。

非営利型一般社団法人の詳細はこちら。

《参考》非営利型一般社団法人とは?

弊社でソーシャル・ビジネスを行う一般社団法人を設立された方々

「もっとよりよい社会にしたい!」「困っている人がいるから助けたい!」、このような思いがある方はボランティア活動に参加するのも一つですが、自らが主体となって行うソーシャルビジネスの立ち上げを検討してみてもよいかもしれません。

弊社で実際に一般社団法人を設立されて、ソーシャルビジネスを行っている方の事業目的をご紹介いたします。

  • 不登校児童、その家族に対する相談支援
  • 老人ホーム、介護施設などへの訪問活動
  • 引きこもり状態にある人達への個別訪問活動
  • 高齢者や児童を対象とした食事の提供活動
  • 町内清掃などを通した街づくり活動
  • 防犯設備、防犯対策の普及啓発活動

その他、障害福祉サービス事業、障害者や外国人向けの就労支援活動、自然保護整備活動、愛玩動物保護活動などがあります。

収入源は、事業収入に加え、行政からの助成金、企業や個人からの寄付金です。

ボランティア的な要素が大きい事業では、今後の課題として人材や資金の確保がありますが、今後も発展が期待される事業です。

ソーシャルビジネスを行うには、社会貢献という目的(ミッション)を追いながら、収益も両立できるかどうかがポイントになります。

弊社では、ソーシャルビジネス型の一般社団法人の設立手続きの代行も承っておりますので、一度相談してみたいという方は、下記からお気軽にお問い合わせくださいませ。

行政書士法人MOYORIC(モヨリック)では、お客様それぞれのニーズに合わせた一般社団法人の設立・変更に関するご相談を承っております。東京オフィスにて無料面談相談も実施しております。専門家の話をじっくりと聞いてみたいという方は、お気軽にご利用下さい。ご予約はこちらから( 03-6328-1989 )

法人設立のお申し込みはこちら

ご購入者様600名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけで完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

今なら、一般社団法人基金設置キット、非営利型&公益社団法人キットもプレゼント中(一般社団法人設立キットのみの特典です)。

これまで一般の方600名以上(2019年11月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス)

お問い合わせはこちらから